しあわせハウジングのお部屋探し読本

お部屋探し準備編に戻る
基本項目

入居日(住み始める日)
  いくら気に入った部屋があっても入居日が合わなければ仕方ありません。
いつまでに引っ越しをしたい(あるいはしなくてはいけない)のかが大切です。
お客様が現在も賃貸住宅に住んでいる場合は、契約で解約予告期間が定められていて(通常解約したい日の1ヶ月前というのが
一般的)その期間中はお部屋を利用していなくても家賃の支払い義務が発生します。
また物件によっては解約予告期間が3ヶ月などと長い場合がありますので注意が必要です。
解約予告期間中に新しい家に移ると新旧両方の家で家賃が発生しますので重複期間の少ない物件を選びましょう。
ただし通常どうしても1週間程度の重複は発生してしまうのが普通です。

沿線・最寄駅
  勤務先、学校、実家や友人知人宅へのアクセス、生活習慣(外食派なら飲食店が多い街が良いとか公共のスポーツ施設が充実している街がよいなど)を考えて検討します。
通常、特急・急行停車駅や始発駅は家賃が高くなり、また同じ沿線でも駅によってあるいは同じ駅でも出口によって環境が随分違っていたりするので不動産会社によく状況を確認する必要があります。
物件を探す場合には、最初から○○駅と限定するよりは○○駅〜△△駅の間でといった範囲で探し、そこから絞り込む方が比較検討もできお勧めです。

駅からのアクセス
  徒歩圏かバス便かという選択が多く、当然のことながら駅に近くなるほど家賃は高くなります。
徒歩圏を希望する場合は、毎日の通勤・通学 がある方ですと10分以内が理想的ですが、候補物件が少なくなることもあるので15分以内までを一応候補に入れることをお勧めします。
バス便で可という方は、最終バス時刻や運行本数に注意しましょう。最終バスが出てしまったあとに帰宅する際の交通手段も重要です。

面積・間取り
  家族構成やライフスタイルによって変わってきますが、目安としてはワンルームなら20u以上、夫婦(+幼児)なら 1LDKまたは2DK・35u以上、夫婦+子供1人なら2DK・45u以上、3LDK以上をご希望される場合には60u台後半の広さが欲しいところです
逆に言うと家具が少なく、多少狭くても差支えがないという方であれば割安な物件を探すことも可能になります。
洋和室の好みや運び込む家具の 量を考えて検討しましょう。

家賃(管理費込み)
  一般に家賃は可処分所得の1/3以内が目安と言われています。
しかし人それぞれライフスタイルが異なりますのでまずはご自身の生活コストを把握し、
家賃を支払ったあとに残る金額でご自身が必要とする生活費が賄えるかどうかを計算してみて下さい。
ちなみにごくごく普通の生活をした場合、独り暮らしで 月々の水道光熱費(電話代を含まない)は
5,000〜10,000円ぐらい、4人家族で2〜3万円ぐらいが目安となります。

初期費用
  初期費用につきましては前のページでも取り上げましたので転記します。

 

敷金

礼金

かつては敷金・礼金が家賃の2ヶ月分ずつかかる物件もありましたが、最近では新築物件でも2ヶ月・2ヶ月という設定は少なくなりました。
築年数の経過した物件では敷金ゼロ、礼金ゼロという物件も少なくありません。
敷金は契約終了時に原状回復費用等を差し引いた残額が返還されますが、礼金は
契約時に支払ったまま返還されないお金です。

前払い賃料


通常 家賃は翌月分を前月中に支払う前払い方式が原則なので、最初の入居月の家賃は契約時に支払います(
管理費や駐車料も同様)

この場合契約開始が月の途中なった場合は 日割り計算をして当該日数分だけを支払うのが一般的です。


仲介手数料 契約を取り持った不動産会社に支払う手数料です。
法律で賃料の1ヶ月分を上限とすると決められています。
(駐車場についても、1ヶ月分の仲介手数料がかかります)

火災保険料 お客様の過失で火災を起こしてしまった場合などに保険金が下りる「借家人賠償特約付き」火災保険にご加入いただきます。
広さや構造によりますが大体2年間で15,000円〜25,000円程度となります。

鍵交換代 大体15,000円から25,000円程度となります(税別)

賃貸保証料 最近は連帯保証人に代わり、保証専門の賃貸保証会社と契約を結んでもらうケースが圧倒的に多くなっています(万が一の滞納のときには保証会社が立て替え払いを行うので貸主は非常に楽になります)。
保証契約にかかる費用は2年分で月額の家賃・管理費・駐車料等の総額の30〜50%程度となります。
 
安心サポート 夜間等の緊急事故(水漏れや鍵の紛失等)対応サービスです。
緊急対応専門業者への依頼が可能になります。
費用は2年間で15,000円前後です(税別)

室内消毒代 入居前に室内を消毒・消臭するサービスです。
初回のみ20,000円前後です(税別)

その他 ケーブルテレビやインターネット、簡易消火器等の契約販売サービスがある物件もあります。


更新時の手数料
  更新時にかかる手数料は主に3種類あります。
 
更新料 月額賃料の1ヶ月分が目安となります(税別)。
貸主が受け取るお金となります。

更新事務手数料 月額賃料の1/4〜1/2ヶ月分が目安となります(税別)。
更新事務手続きを行う不動産会社の収入となります。
但し、あまり数は多くありませんが更新事務手数料は設定がされていない物件もあります。

賃貸保証会社 契約時に賃貸保証契約を結んでいる場合、更新時に更新手数料がかかります。
2年毎に定額で数万円という設定が多いようですが、毎年1万円や月々数百円という設定の物件もあります。


お部屋探し 準備編に戻る
お部屋探し読本のTOPページに戻る