しあわせハウジングのお部屋探し読本
行動編
まず始めに → お部屋探しの全体像  → 
準備編 → 行動編 → 契約編 → 入居編 

ここまではお部屋探しを始める前の準備について書いてきましたが、ここからは具体的に部屋を探す作業になります。
不動産会社お客様を訪ね実際に物件を見に行く流れについてご説明をさせて頂きます。
お部屋探しは決して安くない買い物ですので、失敗の無いよう慎重かつ迅速に進めて行くことが大切です。


不動産会社の選び方
情物件資料を見る
内見(物件見学)

   
チェック 不動産会社の選び方  
  インターネット等で事前に情報収集を行ったら、いよいよ不動産会社を訪ねます。
お目当ての物件を取り扱っている不動産会社を訪れても良いですし、まずは全体的な相談を含めよさそうな不動産を訪ねても結構です。
訪ねる不動産会社は1社に絞っても良いですが、相性もありますので時間が許せば何社か回ってみたほうが良いかもしれません。

良い不動産会社の基準はありませんが、おおむね以下のようなことがポイントになるかと思いますので、参考にしてみてください。
 
良い不動産会社とは?
相性が合う
  良い不動産会社といっても実際は全ての営業スタッフと話しをするわけではなく、たまたま担当になった営業マンと話しを進めていくことになります。
お部屋探しは商店で物を買うような取引では無く、ある程度時間をかけて一つ一つ段階を踏みながら進めていく取引ですから、人と人との相性は大切です。
身も蓋もない言い方ですが、ここで相性が悪いと思えばそれはお客様にとっては良い会社(営業マン)ではないのです。
無理に合わせる必要は全くないと思います。
店に入りやすい
  店内の様子が全く見えない、営業しているのかどうかがわからない。
そういう会社はエンドユーザーであるお客様の方に目線が向いていないのではないかと思います。
別にテレビCMで見かける会社のようにキャラクターを前面に押し出していなくてもよいですし、派手なポップで飾られていなくてもよいのですが、お客様に「どうぞお入りください」という雰囲気が伝わる会社をお選びください。
契約を押し付けない
  良い物件を良いと言うのは当たり前ですが、それが行き過ぎてとにかく契約を急かすような言動の会社(営業マン)は避けましょう。
仕事ですから契約をしたいのは当たり前。でもそれはそれとして誠実にお客様の立場にたって話をしてくれる会社(営業マン)を選びましょう
服装や言葉遣い
  やはりそういうところに現れることがあると思います。
知識がある
  物件に関する知識、周辺環境に関する知識、不動産に係る法律の知識、契約に関する知識。
不動産取引には様々な知識が必要とされます。
お客様が知らないことを株式会社不足無く伝えてくれる会社(営業マン)をお選びください。
自社物件にこだわらない
  表だっては言いませんが、不動産会社には自社で貸主さんから預かっている物件で契約をしたいという気持ちはあります。
自社物件は実入りが多かったり貸主に対しても成果となります。
ただそれはお客様にとっては関係のない話しで、あくまでもお客様目線で物件を紹介してくれるスタンスが必要です。
免許番号
  不動産業者には宅建免許番号があります。
開業した時は(1)から始まり、5年毎の更新で2・3・4・・と増えていきますので、免許番号が多ければそれだけ業歴が長いということになります。
<○○県知事()第××××号のの部分です>
業界で長く仕事をしていることが良い不動産会社の条件ではないと思いますが、一つの目安にはなります。

余談ですが
要するに良い不動産会社とは、サービス業であることをきちんと認識している会社という一点に尽きます。
入りにくい店構えも強引な営業も全てお客様をサポートするという観点が欠けているために起きる現象です。
「サービス業はお客様をサポートする」
ことが仕事で、会社選びも物件決定もお客様が判断する。
この原則を理解している不動産会社を是非選んで下さい。
現在は借りて市場が進み、不動産会社間の物件情報もオープンですし、ネット上でもたくさんの物件情報を得ることができます。
不動産会社間による情報量の差はほとんどなくなり、不動産業界も会社の質そのものが問われる時代になってきました。
良い不動産会社を慎重にお選びください。

 
物件資料を見る
不動産会社でお客様が最初に行う作業は物件の資料を見ることではないでしょうか。
資料を見て興味のある物件を実際に見に行くというのが、通常の流れになると思います。
こ物件資料を見るときにも、ちょっと知っておいた方がよいことがいくつかありますので、そのご説明をさせて頂ければと思います。
物件資料は正確ではない
  平面図の縮尺や駅からの徒歩時間はかなりアバウトなことが多いです。
物件は部屋によって左右反転をしていたり、角部屋にはある窓が中部屋にはないということもございます。
載っていない情報もあります
  間取り図は平面なので当然高さはわかりません。
収納や窓の表示がされていても、床から天井までなのか壁の途中からからなのかはわかりませんし、室内の梁や小さな段差なども表示はされていません。
扉の開閉方向やコンセントの位置などの細かい情報は営業マンでも把握しきれませんのでこれらの情報も現地で確認をしないと正確にはわかりません。
物件資料は良く見える
  物件資料はお客様に気に入って頂くために作られた資料ですので、当然物件はよく見えます。
特に物件資料は建物の古さを表しません。新築でも古い建物でも資料上は「○○年築」という表現で済んでしまいますので、実際のイメージは付きづらいものです。
資料ではすごくよさそうに見えた物件が、実際に見てみたらかなりの老朽物件でがっかりしたというのは決して珍しい話ではございません。
事実と広告を見分ける
  物件資料でごまかし様がないのが「○○u」といった広さや「新築」、「エアコン付き」といった客観的な事実です。
一方「閑静な住宅地」とか「生活に便利です」といった表現は色々な解釈が出来ます。
「閑静な住宅地」は「田舎で不便」、「生活に便利」は「駅の近くで夜でもうるさい」など、書き手の思惑次第のところもございます。
言い方一つで取りようの変わる表現はやはり現地で確認が必要です。
現況優先
  「現況を優先します」はどの物件資料にも必ず書いてある言葉です。
要するにこの資料にはこう書いてありますが、現地に行って書いてあることと違っていたら現況を優先しますよという免罪符の言葉です。
実際、そういうことはままありますし、現地に行かないとわからないことはたくさんありますが、この言葉が物件資料が完全なものではないという何よりの証明ではないかと思います。
 
物件見学(内見)
実際に物件を見に行くことを「内見」といいます。
お部屋探しで一番「部屋を探している」と実感できるのが内見ではないでしょうか。
内見時の留意点をまとめました。
内見の時間帯
  限られた時間の中で行うお部屋探しですのであまり理想ばかりを言っても仕方がないのですが、出来れば昼と夜、晴れと雨など条件の異なる時間帯で見た方がよいと思います。
なかなか時間が取れないときは、例えば夜の駅からの経路が気になるのであれば暗くなってからとか、休日の昼間の静かさ(煩さ)が気になるのなら、休日の昼間といった風に、自分が一番気になる時間帯に合わせて内見をするのがよいと思います。
また傷や汚れは暗くなるとわかりづらいので、できるだけ明るい時に見た方が良いとは思います。
内見の件数
  最近は物件を絞ってからご来店するお客様も多く、内見の件数は減っている傾向にありますが、実際は何件見ても結構です。
ただあまり検討もせずに「とりあえず全部見せてください」というのは、時間もかかりますし真剣味が欠ける気がして不動産会社はあまりいい顔はしません。
ある程度条件を絞って、真剣に物件を吟味するとそうそう候補物件も出ないもので、本命候補1・2件、興味のある物件2・3件ぐらいが適度のような気がします。
チェックポイント
  ただ漠然と物件を見るということも決して悪いこととは思いません。
むしろ第一印象とかインスピレーションといったものはとても大事です。
ただ後になって気になることが出てくるというのもお部屋探しではよくあることなので、ある程度は項目を意識して内見をされるとよいと思います。
 
<室内>

日当たり 風通し 各寸法 傾斜
傷・汚れ 建具立付け コンセント
位置・数
収納・数場所
照明器具の有無 室内の段差 廊下の幅 下駄箱の大きさ
防犯 プライバシー確保 ベランダ 携帯電話の電波
鍵の種類
(安全性)
レイアウトの
しやすさ
   
 
<共用部等>

管理状況 修繕箇所
(壊れた箇所)
住民のマナー 老朽化
隣室・上階の住人
の様子
前入居者の退去理由 事故歴  
 
<周辺環境>

全体的な雰囲気 道路付け コンビニ
スーパー
飲食店など
銀行・病院・
育児施設 ・役所等
の インフラ
駅からの経路      
内見に持参するもの
 
間取り図 何はともあれ最重要です
筆記用具 書くものだけでなく、下敷きになるようなものがあると便利です。
ボールペンよりも力を入れずに欠ける水性ペンが使いやすいです。
希望条件 チェックシートみたいなものがあると確認漏れが防げます
地図 車で移動する場合でも大体のルートなどを把握しておく方がよいです
スケール 家具の収まりなどはきちんと測っておくほうが安心です
方位磁石 ベランダや寝室の方角等を確認します
カメラ 写真は撮っておくに越したことはありません
知人・友人・家族 一人で見るよりも複数の観点で見た方が確実です。
その他 持参するものではないですが、内見時は靴を脱いだり履いたりしますので履きやすい靴で行くようにしましょう
内見が出来ない場合
  募集中の物件であっても入居者が契約期間内で退去しておらず、内見ができないことがあります。
内見をせずに部屋を借りることはあまりお勧めできませんが、人気のある物件や2,3月などの繁忙期はこういった事態も起こります。
どうしても気に入った物件があり内見ができないときは、せめて建物の外観や周辺環境を確認し、できれば同じ建物の違う部屋に空きがあればその部屋を 見せてもらいましょう。
間取りは違っても壁紙の色や設置されている機器類などは同じで、何より雰囲気を掴むことができます。
内見をせずに契約をした場合は、前入居者が退去し中が見られる状態になった段階で不動産会社立ち会いの上内見しましょう。
ここで機器類の不具合等が 見つかれば貸主側の負担で修理をしてもらうことができます。
手付金・申込金等
  かつては物件を押さえるために、申込前に手付金や予約金といった名目でお金を預けておく慣習がありました。
しかし押さえたはよいものの、やはり契約しませんとなった時に返金するしないのトラブルが頻発したため、現在では契約前の金銭授受は法律で禁止されています。
まともな不動産会社ではそのような行為は行いませんのでご注意ください。
どうしても物件を押さえたいときは、○日以内に結論を出しますので、それまで待ってもらえないかと誠実にお願いをして貸主側の了解を得るのが常道です。

PREVページ(準備編) ← このページのTOPへ → NEXTページ(契約編)
お部屋探し読本のTOPページに戻る