しあわせハウジングのお部屋探し読本
入居編
まず始めに → お部屋探しの全体像  → 
準備編 → 行動編 → 契約編 → 入居編 

お部屋が決まって一安心。お部屋探しもいよいよラストスパートです。
引っ越しの準備は楽しくも大変なものですので、漏れの無いよう手際よく準備を進めたいものです。


引っ越し前にやること
引っ越し後にやること

   
チェック 引っ越し前にやること  
  移転先が決まってからは慌ただしく引っ越し準備を進めなくてはなりません。
効率よく漏れがないようお客様手続きをお進めください。
 
今の部屋の解約手続き
  今のお住まいが賃貸住宅の場合、事前に解約の申し入れをしておく必要があります。
解約の予告期間は契約書に記載されていますが、通常は1ヶ月前としていることが多いです。
解約予告期間中は家賃の支払いが必要ですので、ご引っ越し先のお部屋の家賃の支払いと二重支払いとなってしまう期間がなるべく少なくなるよう早めに申し入れをしてください。
引っ越し業者の選定
  引っ越しにかかる費用は荷物の量だけでなく、引っ越し先との距離や建物の構造(ELV付きか否か、トラックの取り付け道路の形状等)、平日か祝日かといった日程などの条件によって異なります。
ピークシーズンの引っ越しは予約が取りづらいだけでなく、価格も高騰します。
今は諸条件を入力して一括で見積もりを取ることもできますので、早めに動いて早めに予約をしておくようにしましょう。
ごみの処分
  引っ越しは増えてしまった荷物などを思い切って処分する格好の機会です。
引っ越しをするとなった時から徐々に身の回りの整理を始めて、出来るだけ身軽に引っ越しを出来ることがベストです。
荷造り
  今は引っ越し業者さんによる梱包の完全おまかせパックもありますが割高です。
普段使いしない荷物から徐々に荷造りを進めておきましょう。
役所関係
 
書類等 目的等
電気・ガス・水道 各供給者に連絡を入れて、引っ越し日を基準に停止・検針の依頼をします。
また新居住地での開栓も合わせて依頼します(依頼先は新居住地を管轄する窓口となります)。
住民票の移動 旧居住地で転出届を提出して、新居住地で転入届を提出します(同じ市町村であれば同時に手続きが出来ます)。
印鑑登録の更新 旧居住地で廃止届を出し、新居住地で印鑑登録を行います。
国民年金 新居住地で年金手帳の住所変更手続きを行います。
厚生年金加入の方はこの手続きは必要ありません。
国民健康保険 旧居住地で返納手続きを行い、新居住地で新たに交付を受けます
学校 公立の小中学校の場合は、現在の学校から「在学証明書」等の必要書類を発行してもらい、新居住地の役所に提出します。
郵便物の転送 郵便局で旧住所宛ての郵便物を新住所に転送してもらうよう依頼します。
転送期間は1年間となります。
運転免許証 新居住地の管轄警察署で住所変更手続きを行います。
自動車の
登録変更
新居住地を管轄する陸運局で手続きをします。
車庫証明書が必要になります。
その他 プロバイダーや新聞等、現住所にかかわる契約等をご確認ください。

役所関係の手続きは、必要書類や届け出の時期等に決まりがございますので、必ず事前に問い合わせをして手続きの要件を確認するようお願い申しあげます。
 
レイアウトの検討
  引っ越し前の作業で唯一楽しいのがこの作業でしょうか。
新居に運び込む荷物を確認して、レイアウトを検討します。
ある程度レイアウトが決まっていると、引っ越しの荷物の積み下ろしの順番も決まりスムーズな荷捌につながります。
 

 
引っ越し後にやること
  引っ越しが終わりましたら、上記で説明した役所関係の届け出の他に次のようなことを行います。
 
電気・水道・ガスの開栓依頼
  電気と水道は事前に開栓の依頼をしておけば引っ越したその日から使用できます。
ガスについてはお客様立ち会いのもとでの作業となりますので、予め日時を予約しておいた方が安心です。
ガスがLPGの場合、保証金として1万円程度を預ける場合がありますのでご注意ください(保証金はLPG契約が終了したときに返金されます)
近隣挨拶
  最近は近隣挨拶をしない方も増えていますので必須ということもありませんが、ご家族でご引っ越しをされる場合などで今後何かとお付き合いが見込まれる場合には、挨拶をしておくに越したことは無いと思います。
マンションであれば両隣と上下階、管理人さん、一戸建てであれば両隣とお向かいのお宅程度でしょうか。
ごみ収集日・収集場所の確認
  ごみの出し方は市町村によって異なります。
収集日と収集場所以外にも、分別の仕方などを確認します(分別のルールは役所で教えてくれますが、不動産業者に事前に確認しておいた方が無難です)
設備等の確認
  建物内の付属設備の不具合は内見のときには気付かないことが多いです。
生活を始めて気がつくことが多いと思いますので、一通りの設備や建具を動かしてみて、不具合があるようであれば貸主か不動産業者に連絡を入れます。
後々のことを考え、この程度なら支障がないなと思うようなことでも、念の為報告だけはしておいた方が良いと思います。
傷や汚れの確認
  室内の傷や汚れを念の為確認をしておきます。
自分がつけたつもりは無くても、引っ越し業者さんがつけてしまうこともありますので、出来れば室内に何も無い状態の時に先乗りして確認をして、気付いた箇所があれば写真を撮っておくようにします。
大きな傷や汚れについては念の為貸主か不動産業者に報告をしておきます。
 

PREVページ(契約編) ← このページのTOPへ 
お部屋探し読本のTOPページに戻る